名古屋工業大学 先進セラミックス研究センター
井田 隆 の ページ

[ English Page is HERE. ]


トピックス

2019 ICDD Ludo Frevel 奨学金案内

大学院で結晶学に関連した研究をしている大学院生のみなさんに,ICDD からの奨学金を案内します。2017 年度は 10 件が採択され,各 2,500 USドル支給されました [→ 受賞者]。
2019 年 7 月以前に卒業が予定されている学生は 2019 年度の Ludo Frevel 奨学金に応募できません。ご注意ください。
募集要項英語版, 2013 年度募集要項日本語版
(締切 2018年10月)


ICDD の活動

国際回折データセンター International Centre for Diffraction Data (ICDD) の活動について紹介しています。
名古屋工業大学先進セラミックス研究センターの年次報告中の記事として 2016 年に出版されました。
解説記事


ICDD Spring Meetings

日時:2018年3月12日(月)–16日(金)
場所:ICDD Headquarter, Newtown Square, PA, USA
ICDD Spring Meetings に出席しました。
[ICDD]

学術研究発表会開催

日時:2017年12月9日(土)
場所:名古屋工業大学御器所キャンパス2号館
日本セラミックス協会主催東海支部学術研究発表会の世話役をしました。
研究室の学生が以下の題目で口頭発表をしました。
八反大貴・井田隆・野村勝裕「チタン酸バリウムにおける正方晶-立方晶相転移の研究」
[日本セラミックス協会東海支部]

環境調和セラミック材料研究会開催

日時:2017年12月8日(金)
場所:名古屋工業大学御器所キャンパス2号館C棟2階 0223 (Y) 教室
環境調和セラミック材料研究会・名工大-産総研共同研究セミナー「固体酸化物燃料電池 (SOFC) の実用化」を開催しました。
[開催案内 PDF]

JJAP 誌に論文掲載

日時:2017年12月
Japanese Journal of Applied Physics 誌に共著の論文が掲載されました。
H. Yamada, T. Matsuoka, M. Yamazaki, K. Ohbayashi & T. Ida, “Phase transition behavior of (K,Na)NbO3-based high-performance lead-free piezoelectric ceramic composite with different phase compositions depending on Na fraction”
Jpn. J. Appl. Phys. 57, 011502 (Jan. 2018).
[doi: 10.7567/JJAP.57.011502]

2017 年度研究室旅行

日時:2017年9月21日(木)—22日(金)
研究室の旅行で長野県に行きました。
[2017年度研究室旅行]

ICDD BoD 会議出席

日時:2017年9月15日(金)—16日(土)
場所:米国ペンシルバニア州 Newtown Square
国際回折データセンター (ICDD) の Board of Directors メンバーとして ICDD の運営会議に出席しました。[ICDD]

Powder Diffraction 誌に論文掲載

日時:2017年9月
Powder Diffraction 誌に論文が掲載されました。2016 年に開催された欧州粉末回折会議 (European Powder Diffraction Conference; EPDIC) での発表のプロシーディングとして投稿したものです。
T. Ida, K. Wachi, D. Hattan, S. Ono, S. Tachiki, Y. Nakanishi, Y. Sakuma, A. Wada & S. Towata, “Analysis of powder diffraction data collected with synchrotron x-ray and multiple 2D x-ray detectors applying a beta-distribution peak profile model”
Powder Diffr. 32(3), Supplement 1, S172–S178 (Sep. 2017).
[doi: 10.1017/S0885715617000781]

IUCr 2017 で研究発表・座長

日時:2017年8月21日(土)—28日(月)
場所:インド・ハイデラバード
国際結晶学連合会議 (IUCr 2017) でポスター発表をしました。
T. Ida, D. Hattan & K. Nomura, “Deconvolution-Convolution Treatment of Powder Diffraction Data Collected in Bragg-Brentano Geometry”
研究室の学生(八反, M2)もポスター発表をしました。
D. Hattan, S. Ono, Y. Takatsu, T. Yoshida, H. Hibino, T. Ida & K. Nomura, “Investigation of tetragonal-cubic transition of barium titanate”
またマイクロシンポジウム “MS-040: Microstructure, defects, stress and strain determination and modelling with powder diffraction data” の座長をつとめました。
[IUCr 2017]

教員免許更新講習講師担当

日時:2017年8月7日(月)
場所:名古屋工業大学 御器所キャンパス
中学・高校教諭の教員免許状更新講習で講師を担当しました。
井田隆, 「X線回折」
[講座概要]

デンバーX線会議 2017 で研究発表

日時:2017年7月31日(月)—8月4日(金)
場所:米国モンタナ州 Big Sky Resort
Denver X-ray Conference で口頭講演を行いました。
T. Ida, D. Hattan & K. Nomura, “Improvement of Deconvolution-Convolution Method for Powder Diffractometry”
[Denver X-ray Conference]

日本結晶学会講習会講師担当

日時:2017年7月14日(金)
場所:東京理科大学神楽坂キャンパス
日本結晶学会講習会「粉末X線解析の実際」で講師を担当しました。
井田隆「4.粉末回折データの確率論的な解釈と高次元検出器・放射光の利用」(13:55-14:55)
[講習会]

研究センター年報に解説記事掲載

日時:2017年6月
名古屋工業大学先進セラミックス研究センター年報に解説記事が掲載されました。
井田隆, “ 粉末回折データに対する逆畳み込み・畳み込み処理の考え方, ” 名古屋工業大学先進セラミックス研究センター年報, 5, 37–43 (2016).
[PDF]

2017 ICDD Spring Meetings で研究発表,受賞

日時:2017年3月13日(月)—3月17日(金)
場所:米国ペンシルバニア州 NewTown Square
2017 ICDD Spring Meetings のポスターセッションで以下の発表を行いました。
T. Ida, D. Hattan & K. Nomura, “Decontamination of Powder Diffraction Data Measured with Copper Kα X-ray and Nickel Filter”
この発表が Best Poster Award を受賞しました。
[2017 ICDD Spring Meetings]
[受賞者画像]

研究会開催

日時:2017年3月7日(火) 15:00〜17:00
場所:名古屋工業大学御器所地区2号館 C 棟 2 階 0221 教室
環境調和セラミック材料研究会,名工大-中部産総研共同研究セミナー講演会「チタン酸バリウムの結晶構造」を開催しました。
井田隆「迅速粉末X線回折測定装置で見る BaTiO3 の強誘電-常誘電相転移」(話題提供)
津田健治「収束電子回折法による BaTiO3 の構造相転移と局所構造の解析」(招待講演)
[開催案内]

研究成果発表

日時:2017年2月28日(火) 13:00〜16:50
場所:多治見市産業文化センター大会議室・中会議室
名古屋工業大学先進セラミックス研究センター・岐阜県セラミックス研究所・多治見市陶磁器意匠研究所・土岐市立陶磁器試験場・瑞浪市窯業技術研究所が合同で開催する成果発表会で成果発表をしました。
井田隆「材料設計研究グループの成果報告」(口頭発表)
井田隆・尾野翔器 (M2)・八反大貴 (M1)・吉田岳大 (B4)・高津嘉伸 (B4)・野村勝裕(産総研)「実験室型粉末回折データに関する逆畳み込み処理法の改善」(ポスター)
尾野翔器 (M2) 「二次元X線検出器を用いたシンクロトロン放射光粉末回折による結晶粒径評価」(ポスター)
八反大貴 (M1) 「チタン酸バリウムの強誘電-常誘電相転移における構造変化」(ポスター)
吉田岳大 (B4) 「粉末X線回折による結晶構造解析における最尤推定法の応用」(ポスター)
高津嘉伸 (B4) 「一次元検出器粉末回折計の装置収差除去」(ポスター)

共同研究成果報告

日時:2017年2月27日(月) 15:00〜16:25
場所:名古屋工業大学御器所地区4号館1階ホール
名古屋工業大学-産業技術総合研究所フィージビリティ・スタディ共同研究事業成果報告会で研究成果の進捗状況について報告をしました。
野村勝裕・井田隆「最尤推定解析に基づく材料評価システム開発に向けての基礎研究」(報告)


過去のトピックス

過去トピックス

教育

名古屋工業大学の大学院生命・応用化学専攻(環境セラミックス分野),環境材料工学科(材料機能分野),生命・応用科学科(環境セラミックス分野)で研究指導と授業を担当しています。
[→ 教育(授業担当,講義ノート,参考資料等)]

大学院講義:結晶構造解析特論

回折理論の基礎について講義します。7回分の講義ノートを公開しています。
[→ 講義ノート]

学部講義:計算科学基礎

コンピュータを利用した物質設計の基礎について,生命・応用化学科の2年生を対象とした講義をしています。
[→ 参考資料]

学生実験:セラミックス応用学実験 II

2018 年度は RIETAN-FP を使った結晶構造解析の演習をします。
[→ テキスト(暫定版)][FapatiteJ.bat.txt][BaSO4.bat.txt

そのほか

レオナルド・ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図と黄金比

[→ 解説]

ベルトランの箱のパラドックスとベイズ推定

[→ PDF, 235 kB]

三囚人問題とベイズ推定

[→ PDF, 357 kB]

モンティ・ホール問題とベイズ推定

[→ PDF, 909 kB]

量子化学

量子化学についてのメモ


研究

主に粉末X線回折の方法論について研究しています。

[→ 研究

研究紹介

研究紹介のページ

粒子統計に関するメモ

業績

業績リスト

別刷・プレプリント

別刷のリスト

プレプリントのリスト

解説

スピナー走査法による粉末X線回折における粒子統計の効果 (Ida et al., 2009)

[→ 日本語訳と注釈]

科学捜査における粉末X線回折の応用事例 (Kugler, 2003)

[→ PDF, 277 kB]

メモ

研究メモ

ログブック

KEK-PF BL-4B2 ログブック

など


自作ソフトウェア

C++ 言語や Igor マクロ言語でプログラムを開発しています。

[→ 自作ソフトウェア]


Web サイト運営

なるべく手をかけずに,それなりの見栄えがする Web サイトの運営を目指しています。

[→ 文字サイズ変更]

[→ 文字サイズ変更2]

[→ 新着情報管理システム]


社会活動

ICDD の Regional co-chair,日本セラミックス協会東海支部幹事などの活動をしています。

PDF-4+ の案内とケーススタディ
[日本語版 (7.0 MB)] [英語版 (2.8 MB)]

社会活動


写真

[→ 2010年6月]


リンク

名古屋工業大学先進セラミックス研究センター材料設計研究グループ


郵便番号 507-0071 岐阜県多治見市旭ヶ丘 10-6-29
名古屋工業大学 先進セラミックス研究センター
井田研究室
e-mail: ida.takashi@nitech.ac.jp


更新日:2018年6月20日 (水)