ACRC title

English page
名古屋工業大学

<旭ヶ丘地区>
507-0071 岐阜県多治見市旭ヶ丘 10-6-29
TEL:0572-27-6811(代表)
FAX: 0572-27-6812
jimu@crl.nitech.ac.jp


<駅前地区/クリスタルプラザ>
507-0033 岐阜県多治見市本町 3-101-1 クリスタルプラザ4F
TEL:0572-24-8110
FAX: 0572-24-8109


セラ研について


設置目的・沿革・活動内容 

技術相談や見学・訪問を希望される方へ

セラ研公開講座 

セラ研の外観

先進セラミックス研究センター年報

セラ研への交通案内

セラ研パンフレット


協賛行事案内


第53回粉体討論会 

トピックス

TAM2016 Best Oral Presentation Award 受賞 (NEW!!)

平成28年8月16-19日中国で開催されましたTAM2016において、Guo Chenさん(D2)加藤邦彦さん(M2)がBest Oral Presentation Awardを受賞しました。[→PHOTO]


若手セラミスト懇話会優秀発表賞受賞  

平成28年6月23-24日岐阜市で開催されました、第52回日本セラミックス協会東海支部若手セラミスト懇話会夏季セミナーにおいて、尾野翔器さん(M2)八反大貴さん(M1)が優秀発表賞を受賞しました。 [→PHOTO]


環境材料工学科の実験実習を行いました   

平成28年6月9・16・23日の3日間、セラ研旭ヶ丘地区、駅前地区にて、セラミックス学科実験を行いました。  [→PHOTO]


若手セラミスト懇話会優秀発表賞受賞  

平成28年6月23-24日岐阜市で開催されました、第52回日本セラミックス協会東海支部若手セラミスト懇話会夏季セミナーにおいて、加藤邦彦さん(M2)が優秀発表賞を受賞しました。  [→PHOTO]


若手セラミスト懇話会ベスト質問賞受賞  

平成28年6月23-24日岐阜市で開催されました、第52回日本セラミックス協会東海支部若手セラミスト懇話会夏季セミナーにおいて、加藤邦彦さん(M2)野田啓尊さん(M1)がベスト質問賞を受賞しました。  [→PHOTO]


北栄地域福祉協議会主催健康ウォーキング施設見学  

平成28年6月17日(金)に、北栄地域福祉協議会さん主催のウォーキングに参加された方々が、セラ研内を見学されました。  [→PHOTO]


藤正督教授 JCS-JAPAN優秀総説賞受賞  

Journal of the Ceramic Society of Japan掲載報文の中から、特に優秀と認められ表彰されました。
受賞題目:“Hollow particles as controlled small space to functionalize materials”  [→PHOTO]


広告募集のお知らせ  
(終了しました)     

広告掲載先:先進セラミックス研究センター年報Vol.4 2015(A4判)
刊行予定日:平成28年7月末日
発行部数:500部(予定)
問い合わせ先:先進セラミックス研究センター TEL 0572-27-6811
e-mail:jimu@crl.nitech.ac.jp
[→詳細(申込書・規定など)]


太田敏孝教授 耐火物技術協会 貢献賞受賞  

本賞は、本部、支部、委員会活動、あるいは耐火物技術の発展に貢献した個人、団体に授与されます。 [→賞状]


羽田政明准教授 公益財団法人 永井科学技術財団 「第33回 永井学術賞」受賞

研究テーマ:『貴金属の異種元素との複合化による高活性な環境浄化触媒の創出』


日本化学会東海支部長賞受賞

中島祐樹さん(M2)が日本化学会東海支部長賞を受賞しました。本賞は、化学系教育組織に在籍する大学生および大学院生等の成績優秀な学生に対し授与されるものです。 [→賞状]


左合客員教授就任 

株式会社ノリタケカンパニーリミテドの研究開発センター長等を歴任され、現在、同社人事部長である左合澄人氏が、平成28年4月1日より本研究センターの客員教授に就任されます。同氏は、歯科用材料、電子材料、触媒材料、燃料電池など多くのセラミックス研究開発に従事されており、これらの広範囲な知見を、本研究センターにて活用していただく予定です。


清原客員教授就任

第6回ものづくり日本大賞内閣総理大臣賞を受賞したセラミックス企業 TOTO 研究チームのリーダーである清原正勝氏が、平成28年4月1日より本研究センターの客員教授に就任されます。
受賞案件:「次世代半導体デバイスを支える『製造装置用低発塵性部材』の開発」
http://www.monodzukuri.meti.go.jp



過去のトピックス

平成27(2015)年度

平成26(2014)年度 平成25(2013)年度 平成24(2012)年度

平成23(2011)年度 平成22(2010)年度 平成21(2009)年度

平成20(2008)年度 平成19(2007)年度 平成18(2006)年度

平成17(2005)年度 平成16(2004)年度 平成15(2003)年度


Web manager: ida.takashi@nitech.ac.jp

研究組織


先進機能材料研究部門

環境材料研究グループ (旭ヶ丘地区)

准教授: 羽田政明 
  • 高次構造制御複合微粒子の合成と環境浄化への応用
  • ゼロエミッションと環境セラミックスの研究
  • 分光学的手法による触媒反応解析に関する研究

材料資源研究グループ (旭ヶ丘地区)

教授: 太田敏孝
  • 複合化によるインテリジェント材料創製
  • 自然界に学ぶセラミックス創製

エネルギー材料研究グループ (旭ヶ丘地区)

教授: 石澤伸夫 
(退職)
  • X線回折法および計算機シミュレーションによる構造物性の研究
  • 結晶構造の決定と微構造の評価

国際連携グループ 

客員教授:Prof.Wang Feng
客員教授:Prof.Alexander M.Grishin
客員教授:Prof.Patrik Hoffmann
客員教授:Prof.Sebastien Vaucher


先進材料設計研究部門

材料創製研究グループ
 (駅前地区/クリスタルプラザ多治見 4F)

教授: 藤 正督 
准教授: 白井 孝 
  • 透過光観察によるスラリー中粒子の分散状態の観察
  • AE を利用した成形体の乾燥・脱脂工程の解析
  • セラミックスフィルタの作製と機能性付与
  • 原子レベルでのセラミックス材料の計算と観察

材料機能研究グループ (旭ヶ丘地区)

教授: 安達信泰

  • 光と磁石の複合機能セラミックスの開発
  • 自然現象を模倣したプロセスによる新規機能材料の創成
  • マイクロ磁器デバイス用薄膜磁石の高性能化

材料設計研究グループ (旭ヶ丘地区)

教授: 井田 隆 (センター長)

  • 粉末回折の方法論の開発

地域連携グループ

客員教授: 泉 富士夫
(物質・材料研究機構)

客員教授: 奥山 雅彦
(日本特殊陶業株式会社)
客員教授: 西川 治光
(シグマ環境工学研究所)
客員教授: 清原 正勝
(TOTO株式会社)
客員教授: 左合 澄人
(株式会社ノリタケカンパニーリミテド)
客員教授: 久留島 豊一
(株式会社LIXIL)


技術・事務系スタッフ


技術職員 

技術専門員: 日比野 寿  石原 真裕 


事務 

事務職員: 林 友美  

事務補佐員: 道村 美智子

吉永 志保


セラ研、キャンパスPHOTO


2015年度[→ photo

2014年度[→ photo

2013年度[→ photo

2011年度[→ photo

2010年度[→ photo

セラ研内施設紹介

セラ研内宿泊施設(多治見交流会館)紹介

- 2016年8月25日更新 -